相続相談について

相続相談相続と一言で言っても内容は個人個人で異なります。内容はもちろん、相続人数や話し合いがスムーズに行われているか、話がまとまらない場合の原因によってそれぞれの相続には違いがあり、それによって依頼する専門家も異なります。ここでは、相続相談をする場合、どの専門家に依頼するのが相応しいのかについて、ご説明します。

不動産の名義変更や銀行や証券などの各種財産の承継手続、遺言書の検認や執行、相続放棄手続きについては、司法書士に依頼します。亡くなった人の財産の中に建物や土地などの不動産がある場合、名義変更をする必要があります。この手続きは一般的に司法書士が専門に行う業務であり、必要書類の作成や申請などの際は専門知識が無いと手続きがスムーズに行えません。また、相続に関連した裁判所に提出する書類の作成や申請なども一般的に司法書士が行います。

また相続する場合、相続税の計算や申告などの手続きが必要となりますが、これらは主に税理士に依頼します。相続税の申告に関しては、税理士の専売特許であります。相続税は、相続財産が3600万円超の場合にかかるもので、相続税の申告は全体の約4パーセント程の人しかいません。また、相続人同士の争いや、遺産分割の協議などは弁護士に依頼します。調停や審判などの裁判所での手続きは、弁護士しか代理人になれません。いつまでたっても話し合いがまとまらない場合は、弁護士が依頼人の代理となって交渉を行ったり、相続手続きを行います。