税理士に相談するタイミング

相続が決まってから相続税の申告や納付など、様々な作業が必要となります。相続税申告や手続きなどを税理士に依頼する場合、一体いつ頃相談すれば良いのか、そのタイミングについて、ご説明します。

相続が発生すると、様々な手続きが必要となり、適切な順番で確実に手続きを行っていかなければなりません。順番に決着をつけていく事で、次の手続きがスムーズに行えたり、きちんとした段取りで行わないと次の手続きが行えない場合もあります。手続きごとに関与する士業は異なります。一般的に、相続の発生から遺産分割協議までは、司法書士や弁護士、行政書士が行います。これらの一連の手続きが済んだら、それぞれの相続人が相続した財産について、相続税の申告を行います。

相続税の申告は一般人が簡単に行えるものではありません。税理士の専売特許でもあり、一般的にはこのタイミングで税理士に相談します。しかし、これ以前の手続きで関与が無かったとしても、専門家としてのアドバイスを事前に求める為に、早い段階で税理士への相談が必要になる場合もあります。

また、相続は相続税申告で完了する為、初めから相続の流れを把握して助言をして欲しいと言う要望もあり、相続が発生したらすぐに税理士に相談する事もあります。初めから依頼する事で他の士業を紹介してもらえ、一連の手続きを監督してもらえるので、相続発生と同時に依頼するのはお勧めです。ちなみに、相続相談を行う<ソレイユ>では、無料個別相談会も行っています。こちらも参考にしてみてはいかがでしょうか。